サプリメントの活用法と考え【YAMADA BODY MAKE.】

December 26, 2017

 

 

YAMADA BODY MAKE.
サプリメントの活用法について。

皆様もご存知のサプリメントは不足している栄養素、または不足しがちな栄養素を補うもの。

『サプリメント=栄養補助食品』

栄養素はサプリメントを摂っていれば大丈夫!

と思っているお方がたら、大きな間違いです。

サプリメントはあくまで『補助』であり、主ではありません。


その理由

【大は小を兼ねる】
ヤマダボディメイクでトレーニングして、筋肉を付けるためのタンパク質補給として、プロテインを飲む。
これ自体は間違えではありません。しかし筋肉の合成には、ビタミンA・B・Cや、ミネラルなどの微量栄養素等、タンパク質以外の補給も大切。

では、筋肉を付けたくて豚肉や、牛肉、卵等を食べた場合は、どうでしょう?

タンパク質はもちろんの事、沢山の種類のビタミン&ミネラルなどの微量栄養素を補う事が出来る。

牛、豚の『筋肉』や、生命の卵を食す訳ですから、ヒトの筋肉細胞を作る為に必要な様々な栄養素が含まれている。

更には、ビタミン◯◯などと、名前はついていないけど、身体にとって有効な働きをする事が分かっている物質『ファイトケミカルス』も、特定の栄養素を抽出した「サプリメント」よりも、「肉、卵、野菜、木の実」などの自然食品の方が多くを含んでいる。

『ファイトケミカルス』は、体内で有害な働きをする活性酸素を除去するのに役立つと言われていて、体内の酸化ストレスから身を守ってくれる作用があります。

ファイトケミカルスは、食べ物の色素や、香、苦味、渋味などとして存在していて、強い紫外線から、植物や動物が、身を守るの為の能力であるといえますね。。

大は小を兼ねる、という意味は、自然食品の方がより多くの身体に有効な成分を含んでいるという意味で用いました。


では、サプリメントは必要ないのではないか!?

そりゃ自然食品を食べて、身体に必要な栄養素を補うのが理想。

が、しかし、

・忙しい日常の中、食事がままならない人。
・朝又は、夜食を欠食する人。
・外食や、コンビニで簡単に済ます食生活の人。
・最大のパフォーマンスを発揮したいスポーツ選手
・出張や遠征が多くて、食事が定時に食べれない人
・体調が悪くても仕事や家事を休まない人


などなど、あげたらきりがありませんが、栄養素を十分に摂るだけの食事が摂れない人にとって、

食事をしっかり食べましょう!!
といくら言っても、調理の時間が無かったり、食事の選択肢が無かったり、料理のテクニックが無かったりして、自然食品から理想的な栄養素が補えない事がある。

こういう時に、栄養補助としてサプリメントを利用するのは多いに意味があると考えています。

抗酸化物質である、ビタミンC。
エネルギー生産、細胞の合成の代謝に関わるビタミンB群などは、水溶性ビタミンである為、体内に長い時間ストックする事が出来ない。

毎食の食事で補いたい時に、手軽に摂取出来るサプリメントは、あなたの健康維持や、体力作り、ダイエットにおいて多いに役立ってくれるので、日々の生活のお供とするのも必要であると考えています。

その上で、
栄養素は自然食品から摂るのが理想で
摂りきれない栄養素をサプリメントから補助するのも必要である。

 

これがヤマダボディメイクの考えです。


加圧トレーニングサロン
YAMADA BODY MAKE.代表
管理栄養士
山田賢児





 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

今よりも好きなカラダへ

February 26, 2019

1/2
Please reload

最新記事

January 10, 2020